吃音(症)について|埼玉県朝霞市の児童発達支援・放課後等デイサービス事業所【PAL KIDS/PAL SCHOOL】

吃音(症)
お問い合せはこちら

吃音(症)

 吃音とは、音の繰り返し、ひき伸ばし、言葉を出せずに間があいてしまうなど、一般的に「どもる」といわれる話し方の障害です。

 どもっている状態から抜け出すためにしようとした動作(目をこする、手足を振るなど)が随伴症状として身についてしまったり、どもることの不安により話をしなくなってしまうなどの情緒性反応が出現することもあります。

その他の発達障害について

発達障害は、複数の障害特性が重なって現れることもありますし、障害の程度や年齢、生活環境などによっても症状は異なり、まさに十人十色と言えるでしょう。

児童発達支援のお問い合わせはこちら
パルキッズ・スクールお問い合わせ
受給者証 受給者証 児童指導員の求人募集情報
本町教室
パルキッズ・パルスクール外観 埼玉県朝霞市本町1-38-38
膝折教室
パルキッズ・パルスクール外観 埼玉県朝霞市膝折町1-10-8